​サイレントマニュピレーション(非観血的関節受動術)

肩関節周囲炎(昔からの40肩、50肩など)などのあとに関節包(関節の袋)が、固くなって動きが悪くなった状態を凍結肩(拘縮肩とも)と言います。

治療は、鎮痛剤の内服、注射、リハビリなどで改善する場合もありますが、長期間かかることも少なくありません。

 

サイレントマニュピレーションとは

エコーガイド下での麻酔をした後に徒手的に固くなった関節包をリリースし、可動域の獲得および除痛を行います。もちろん、日帰りで可能ですが麻酔の影響で数時間の間、患側の自由が利きませんので自動車、自転車などの運転はできません。​施行後は 1ヶ月ほどは、リハビリの継続が必要です。

体外衝撃波​(Shock Wave)

プロスポーツチームでも使われている方法で、体の表面から衝撃波を当てて、炎症の改善、治癒促進させる治療です。施行直後から除痛が期待できます。

足底腱膜炎、上腕骨外上顆炎(テニス肘)、石灰沈着性腱板炎、腱鞘炎などに効果的です。

また、アタッチメントを変更することで​筋膜リリースも可能です。

エコーを使用した注射(ハイドロリリース、神経ブロック、)

ハイドロリリース(筋膜リリース)

​肩こりなどの痛みは、筋膜の癒着とも言われています。

エコーを使って正確な部位に注射をすることができます。

正確な麻酔により、痛みのない骨折や脱臼の整復が可能です。

  • Facebook

Face Book

​0848-62-2613

Tel